Skip to content

くじらの町・太地の氏神

飛鳥神社は太地の氏神で、1月の「お弓神事」、10月の例祭などが行われています。

10月の例祭の宵宮は「はだか宵宮」と呼ばれ、御神酒を入れた大樽・小樽の神輿を担ぎ裸で町内を練り歩く、珍しい祭です。

お弓神事

大海原を清め航海安全や大漁を願う神事で、古くから行われています。

宮司が社に向かって1本の矢を放つと、集まった人達が境内になだれ込み、セミクジラに似せて地元の大工さんが作った「セミ」と呼ばれる木彫りの縁起物3体が取り付けられた的を壊し、セミや的の破片などを持ち帰ります。

今でも変わらない午後4時からという開始時間は、漁を終えて港に帰ってからでも間に合うようにとのはからいです。

開催日 毎年 1月13日
時間 午後4時~
場所 飛鳥神社
問合せ先 太地町役場 産業建設課  Tel.0735-59-2335

的
縁起物3体が取り付けられた的

神事
的を射る宮司

飛鳥神社秋期例大祭・はだか宵宮

太地の氏神:飛鳥神社の例祭。

宵宮は「はだか宵宮」と呼ばれ、青年達が御神酒を入れた大樽・小樽の神輿を担ぎ、裸で町内を練り歩き、鯨の大漁を感謝し豊漁を願います。

15日の例祭では、獅子舞の奉納や神事が行われます。

開催日 毎年 10月15日 (宵宮 10月14日)
時間 午後4時~
場所 飛鳥神社
問合せ先 太地町役場 産業建設課  Tel.0735-59-2335

宵宮1
町内を練り歩く神輿

宵宮2
神輿を持って港内に

大祭
神事

獅子舞の奉納
獅子舞

このページのトップへ